特定商取引法の主なチェックポイント

インターネットビジネスを事業者として始める場合、消費者として利用する場合現在チェックしておかなければならないのが特定商取引法になります。もともとは消費者庁が消費者保護の観点から作ってきた法律ですが、時代に合わせて変更が積み重ねられてきたことも事実です。

具体的にそのポイントを明確にしたいと思います。
特にインターネットビジネスがメインになっている時代においては、主なポイントとして。明確になってないといけないのがインターネット事業者としての事業内容や責任者、連絡先、問い合わせ先の明記と言うところになるでしょう。

この辺は特定商取引法に関係なく事業を展開する上で消費者を安心させるためにも記載すべき内容だと言うことで誰もがわかっていると思います。しかしながらそれだけではなくトラブルが発生した際のきちんとしたフローを明確にし、ホームページ上で記載することが重要だとされているのです。

次のポイントとしては、ビジネスを展開するにあたって必要な要件を満たしているか、取り扱う商品やサービスに対して法的な根拠が必要な場合きちんと満たしているかどうかなどは明記することが定められています。

もちろん、これは消費者が安心して取引を行うためには絶対に外せないポイントであり、きちんとした資格を持っている以上を明記することは逆に事業者側にとってもプラスに働くことではないでしょうか。

後は、企業としての資本金の明喜屋協賛企業の壁、この辺も実際には事業所にとっては自分自身の強みを明記することにつながるので基本的には掲載しようと考えることが他の方が多いと思います。

結果的に、数多くの事業者の方々が特定商取引法を通じて、当たり前のことを明記するためにその法令をうまく活用することになるのですが、ひいてはそれが消費者保護の観点からも非常に重要になってくると考えれば良いと思います。

これからの時代、さらにビジネスが簡単に始められ、逆に悪意があるわけなかろうが様々なトラブルが発生することも懸念される以上は、このような特定商取引法のような法律に従って事業者側も消費者もルールを守りながらビジネスを行うことが何よりもリスクを回避する1番の手段になってくるのではないでしょうか。

日本は放置国家だと言われながらも、ビジネスにおいて未然に防ぐと言う観点からはまだまだ甘いところがありますので特定商取引法のような法律がうまく活用されることによってその弱点がカバーされることが間違いないのではないかと思います。 

タイトルとURLをコピーしました